((( MENU )))

適材適食 -てきざいてきしょく-

あなたに合った食べものを、あなたに合った食べ方で。

1902食目「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介

特別お題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと

今週のお題「初夢」

「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

毎月季節の果物を紹介するシリーズ★ その名も「旬の役果」。

私は健康なカラダづくりに役立つ果物を【役果やっか】と呼んでいます。季節ごとに旬を迎える果物たちが持つ特徴的な栄養や成分を充分に引きだして美味しく楽しく頂きましょう。1月の役果はイヨカンです。

f:id:kozonoayumi2018:20200831080448p:plain

イヨカン

イヨカンは主に1月から2月が旬です。

「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

イヨカン(伊予柑)

日本列島の在来種の柑橘類であり、タンゴールの1種である。なお、21世紀初頭において、主に愛媛県で栽培されている品種であり、日本で栽培されている柑橘類では、ウンシュウミカンに次ぐ収穫量であった。

イヨカン - Wikipedia

かなりメジャーな柑橘系のひとつであるイヨカン。同時期に出回る温州ミカンと並んでよく店先をオレンジ色に染めていますね。

f:id:kozonoayumi2018:20200831080448p:plain

イヨカンは愛媛生まれではない!?

「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

イヨカンの名前は「伊予柑」=伊予+柑橘=愛媛の柑橘という意味ですが、実は愛媛生まれではないそうです。

歴史
1885年に山口県阿武郡東分村(現:萩市)の蚕業指導員・中村正路が発見した。当初は紅みかん、穴門みかん(あなとみかん)などと呼ばれていた。中村所有の苗木を、1888年に愛媛県温泉郡持田村(現:松山市)の養蚕家・果樹園芸家であった三好保徳が購入し、愛媛県でも栽培を開始した。これを愛媛県から出荷を開始した当初は、かつての令制国の名であった伊予国にちなんで「伊予ミカン」として販売したものの、それでは従前から愛媛県で栽培してきたウンシュウミカンなどと紛らわしく混同される恐れが有ったため、結局「イヨカン(伊予柑)」という名称に変っていった。

イヨカン - Wikipedia

苗を買って愛媛で育てて、それが一大産地、商品名にまでなったということなんですね。ちなみにイヨカンの発見者・中村正路氏の顔写真を見つけました↓

この人のおかげで私たちは美味しいイヨカンを食べることができているんですね、感謝。

f:id:kozonoayumi2018:20200831080448p:plain

イヨカンがピンチ?!

そんなイヨカンですが、今、ピンチなんだそうです。その理由はというと、イヨカンの持つ特徴が原因。それは・・・

「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

皮が剥きにくいから。

特徴
イヨカンは、比較的果汁を多く含み、甘味も感じられる。果皮はウンシュウミカンに比べ厚めだが、手でむくことは可能である。しかし、厚い皮を手でむくわずらわしさから、日本では近年若干敬遠されがちである。

イヨカン - Wikipedia

確かに温州ミカンは簡単に剥けます。手軽に簡単に便利にが好まれる今の時代、皮が硬いということで敬遠されてしまうのも判ります。

「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

美味しいんですけど、ね。

以前たくさんの柑橘系を集めてレビューをやってみました↓

あ、私も「皮が厚い」と言ってますね・・・。

f:id:kozonoayumi2018:20200831080448p:plain

受験生は大好きイヨカン。

と、言いつつイヨカンに熱い視線を注いでいる人たちが毎年寒い時期にたくさん現れるそうです。

「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

毎年受験シーズンに「いい予感」との語呂合せで、産地PRも兼ねて受験生が、よく祈願に来る神社などでのイヨカンの配布が行われる。

イヨカン - Wikipedia

イヨカン=いよかん=いい予感。確かに!

f:id:kozonoayumi2018:20200831080448p:plain

1月14日はイヨカンの日?

「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

「1月14日」は何の日でしょう?

いち、いち、よん、、、もうお分かりですよね!そう、正解は「いよかんの日」
伊予柑の旬の時期であることと、「1(い)4(よ)」の語呂合わせに由来して決定しました。1月14日またはその前後には伊予柑のPRイベントが行われ、道後温泉街に伊予柑を浮かべた足湯や、いよかんタワーなどが登場して盛り上がりを見せています!「伊予柑=いい予感」ということで、受験生に合格祈願の伊予柑をプレゼントする企画も好評です。さらなるゲン担ぎとして、伊予柑を五角形に成形し、受験生の合格とかけた「五格(ごうかく)いよかん」というものまであるんです! 伊予柑でビタミンCをたっぷり取って元気いっぱい!

15伊予柑(いよかん)|愛媛県

確かに受験生にとっては年末年始は最後の追い込み。総仕上げの時期ですね。ただ冬だけに寒かったり乾燥がちだったりして体調を崩しやすい季節でもあります。そんな時に水分補給と抗酸化作用のあるビタミンCの入ったイヨカンはいいかも知れません。

f:id:kozonoayumi2018:20200831080448p:plain

イヨカンの栄養

「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

イヨカン

分量 100 g あたり
カロリー・・・・・・・・・・・45 kcaL
脂質・・・・・・・・・・・・・0.1 g
コレステロール・・・・・・・・0 mg
ナトリウム・・・・・・・・・・2 mg
カリウム・・・・・・・・・・・190 mg
炭水化物・・・・・・・・・・・12 g
 水溶性食物繊維・・・・・・・0.5 g
 不溶性食物繊維・・・・・・・0.6 g
タンパク質・・・・・・・・・・0.9 g
ビタミンC・・・・・・・・・・35 mg
カルシウム・・・・・・・・・・17 mg
鉄・・・・・・・・・・・・・・0.2 mg
ビタミンD・・・・・・・・・・・0 µg
ビタミンB6・・・・・・・・・・0.1 mg
コバラミン・・・・・・・・・・0 µg
マグネシウム・・・・・・・・・14 mg

ビタミンCが比較的多く含まれていて、しかも酸味の元となってるクエン酸は疲れを回復してくれます。

ちなみに硬い!と不評だった果皮には食物繊維であるペクチンがたくさん含まれています。

f:id:kozonoayumi2018:20200831080448p:plain

イヨカンの80%は宮内?

「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

イヨカンの実に80%の名字が「宮内」なんだそうです。

香りもよく、種も少ない極めて良質の枝変わりの「宮内みやうちいよかん」は、今では愛媛県産が8割以上を占める特産品です。

伊予柑 | みかん大事典 | みかんのことなら「のま果樹園」 [ Produced by 株式会社乃万青果 ]

こちらのサイトに詳しい情報があります↓

https://www.kajuen.co.jp/introduction/item02/data1.png

https://www.kajuen.co.jp/introduction/item02/data2.png

f:id:kozonoayumi2018:20200831080448p:plain

★ぴょん!ポイント★

「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

寒い時期に鮮やかな温かみのあるオレンジ色で、心も身体もリフレッシュしてくれる柑橘系。中でも温州ミカンの次に生産量の多いイヨカン。ふたつを食べ比べてみるのもいいかも知れません。

「旬の役果 1月【イヨカン】」今が旬★ 美味しくて+栄養価が高くて+安くて=元気にしてくれる季節の果物を紹介【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

ー 適 材 適 食 てきざいてきしょく

小園 亜由美 (こぞのあゆみ)
管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ・健康運動指導士・病態栄養専門管理栄養士・日本化粧品検定1級

【適材適食】小園亜由美(管理栄養士・野菜ソムリエ上級プロ)糖尿病専門・甲状腺専門クリニック勤務@福岡姪浜・福岡天神

*1 

*1:文中の表現は全ての人が対象ではない場合があります。現在治療中の方は必ず担当医や管理栄養士の指示に従ってください。食事療法は医療行為です。ひとりひとりの身体の状態に合わせた適切でオーダーメイドなカウンセリングが必要です。充分に注意してください。